てんぱくプレーパークを楽しむ子どもの親や子どもたちが、プレーリーダーとは違う視点でプレーパークの様子をぼちぼちレポートします。


by tenpaku_minna

2012年9月15日から始動! 物置の基礎、自分たちでやってみようかプロジェクト

青年K(プレーパーク元常連の青年)の
工事監督のもと
下記の予定で物置工事をはじめます。

来られる時間が短時間でも
手伝ってくれる方歓迎。
男手大歓迎。差し入れも歓迎。

先の方は多少予定が
変わるかもしれませんが、
逐次お知らせする予定です。

◆9月15日(土) 8時~ 
基礎工事   やり方(寸法だし)
溝掘り    この穴掘りが人手必要
砕石つめ捨てコン

◆9月29日(土)
砕石敷き(地表床下)
配筋
型枠
出来たら生コン
(様子により30日になるかも?)

◆9月30日(日)
レベラー(平日にまわすかも)

◆10月7日(日)
枠はずし
組み立て

買い物したり運搬したりもあるし、
人数が多ければ、楽しく出来るかな?
ご協力お願いします。

(ざしきわらし)



======

以下、物置設置プロジェクト(*小屋再建プロジェクトとは別物)に関する補記です。

  
プレーパークのシンボルとも言える
プレーパーク小屋の再建のプロジェクトは、
9月9日の菅博嗣氏(日本冒険遊び場づくり協会 理事)をお招きしての
学習会 「小屋ってどんな存在なんだろう」

その後の子ども意見交換会など、
名古屋市都市センターの
まちづくり活動助成を利用して
すすめていくという方向で動いています。
(今後のプロジェクトについては、
HPトップにあるお知らせをご参照ください)

しかしながら、
プレーパークの活動を支える
備品(鍋、文具、工作の道具などなど)を
保管するための「物置」の再建も大事、
というか急務です。

で、もちろんながら
プレーパーク小屋の
再建プロジェクトと並行して、
「物置」の再建プロジェクトも
進行しています。

5月25日に
地域の方から使われていない簡易物置を
ご寄付をいただきました。


この寄付していただいた物置を、
当面の備品などを保管する
仮の物置として使うということで
団体としての方針は決まってはいたものの…

以前と違って現在では
簡易とはいえ物置を設置するためには
基礎工事(設置する土台)もしっかり行って
建て(設置し)なければならないそう。

そのことを踏まえて、
土木事務所から
物置を設置する許可を取って、
その後に基礎工事をして
…と準備をしていた所、
子ども時代をプレーパークで過ごした青年
(建設現場監督の仕事をしている青年Kや青年M)や
プレーパークの常連(の男性陣)さんから
「基礎工事にかけるお金を
もっと別に使ってもらいたい」と
から声があがり、

物置の基礎、
自分たちでやってみようかプロジェクト


を7月30日に発足したというのが、
物置設置に関する経緯です。



…それにしても、それぞれの日でやる作業項目、
建設に疎い私には字面を追ってみても
具体的な動きがどんななのか想像が及びません。
何やるんだろう?と興味深々です。

(補記部分:がこ)

========================
てんぱくプレーパーク みんなの日誌
http://tenpakumin.exblog.jp/
てんぱくプレーパーク応援団(Twitter)
@tempakuPP_BOT
てんぱくプレーパーク2012年活動カレンダー(2012年5月20日現在)


てんぱくプレーパーク
HP: http://tenpaku-playpark.net/
プレーリーダーブログ:
http://tenpakupp.exblog.jp/
========================
                       
[PR]
by tenpaku_minna | 2012-09-12 17:20 | お願い